カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お客様の声 サイトマップ
RSS
犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label 犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label 

キャリーバッグでワンちゃんと遠出しよう♪電車でのルールとマナー


2013年4月 ある鉄道に貼りだされた1枚のポスター。
そのポスターの内容が、愛犬オーナー様の間で話題となりました。
それは、犬同伴での電車乗車時のペットカートやスリング等のバッグ類の持ち込み規制について。

犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label

何が良くて何がダメなのか??
愛犬オーナー様の間で様々な噂や憶測が飛びかいました。

現在ではご存じの
愛犬オーナー様も少なくはないと思いますが、SWEETAというサイトが「愛犬と電車利用時の乗車規制について 全国版」という記事の中で、独自の調査で規制内容を詳しくまとめています。

犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label

JRでのスリング、カート、キャリーバッグの使用についてはいろいろなところで伝えられていますが概要はこうです。

スリング・・・禁止

カート・・・折り畳んで荷台が規定のサイズを満たせばOKです。
(有名ブランドのカートのほとんどがJR規定のサイズをオーバーしている可能性があります)

キャリーバッグ
・・・一部の形状のものを除いてOKです。
犬の形が分からず、全身が入るキャリーバッグでしたら問題ありません。
全身がすっかり隠れ箱型で固定された形状であるのが大切です。


※当店のキャリーバッグで規定を満たした商品です※
犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label 犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label デニムキャリーバッグ【イエロー】ハードロックテイスト 犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label


2013年4月からペット持ち込みに関して、厳しい規制に変更されたと思っている方が多いようですが、JRを含め多くの鉄道会社のルール自体の変更はありません。
つまりカートもスリングも以前から規約上は禁止だったのです。
そして、JR以外の私鉄でも都内はほぼ同様の規約内容です。
箱状のケース、という指定のある会社もありました。
今回、啓蒙ポスターが作成されましたが、JRの規約上は今も以前も変わらない記載内容でした。

 ・長さ70センチメートル以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が
  90センチメートル程度のケースに入れたもの
 ・ケースと動物を合わせた重さが10キログラム以内のもの


「規則を守れば持ち込める」というのが現実ですが、


電車の中には犬アレルギーの方や、犬に恐怖心がある方、いろいろな人がいます。他の方の迷惑にならないようにマナーを守って大好きなワンちゃんと遠出をしましょう♪
              犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label                                                       

ページトップへ