カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お客様の声 サイトマップ
RSS
犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label 犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label 

犬服の必要性について

現在、日本で飼われているワンちゃんは多種多様で、中にはとても繊細なワンちゃんもいます。
チワワの様な小型犬は特に暑さや寒さに対し非常に弱いのです。

たとえば、夏では暑そうだからと冷房をつけるとベッドに潜り込みますし、冬は冬で暖房をつけても猫の様にコタツの中に逃げ込むことも珍しくないと思います。

散歩道での話をしますと、そもそも地面から近い位置にいるワンちゃんは、真夏では太陽の照り返しを受けますし、真冬では冷たい空気は下に落ちるので我々人間が感じる温度とは大きな差があります。また元々、犬は体温調節が上手ではありません。

夏のアスファルトは60℃〜70℃にもなると言われています。そんな中散歩に行きますと、足の裏を火傷したり、熱中症や脱水症状を引き起こしやすくします。

寒い冬では風邪や下痢の原因になります。

そこで家族同然の愛犬と1日でも長く一緒に生活ができるように、改めて犬服の必要性をお知らせしたいと思います。

お散歩の時に服を着用するメリットとして、室内飼い問わず、全部のワンちゃんに以下の事が挙げられます。

・寒さ暑さ対策
・お散歩の時の汚れ防止
・ケガの防止
・草アレルギーなどの防止
・ダニの付着防止

・虫(蚊)除け
・ファッションとして

さらに、お家の中で生活するワンちゃんが服を着るメリットとして以下のメリットが挙げられます。

・抜け毛対策
・カイカイ防止
・お布団に付く毛防止
・夏の冷房対策




最近では紫外線対策放射能の影響もあるので、ペット服を着せたほうがいいとも言われています。

紫外線を浴びすぎるのは人間にもワンちゃんにも悪影響です。

ワンちゃんは人間ほど大きくはないのですが、全身が毛でおおわれている為に、想像以上に表面積が広いのです。
その為、意外に紫外線の影響が大きいと言われています。

更に、未だに心配な放射能に関して言えば、地表に近いほど濃度が高いので、ワンちゃんに悪影響がないか心配です。

また、子犬老犬は自分でうまく体温調節ができないので夏の暑さと、冬の寒さの対策が不可欠です。

ワンちゃんにお洋服を着せる事に関心がなかった飼主様も一度、お洋服の必要性について考えて頂きたいと思います。

全てのワンちゃんにPuppe Labelのお洋服がお役にたてれば幸いです。                                                  

ページトップへ