カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お客様の声 サイトマップ
RSS
犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label 犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label 

お出かけに必須!犬用キャリーバッグの選び方とマナー


お出かけに必須!犬用キャリーバッグの選び方とマナー


愛犬とのお出かけに欠かせない、キャリーバッグ


動物病院に行く時や、電車での移動を伴うお出かけ、旅行の時などに欠かせないアイテム、キャリーバッグ。
お店やネットを見れば実にいろいろなキャリーバッグが販売されてますね。しかし、たくさんある犬のキャリーバッグから愛犬に合うものを見つけるにはどういった点に気をつけて選んだら良いのでしょうか。


キャリーバッグにも種類がある


犬を移動するのに使用するバッグにも種類があり、大きく2つに分けられます。


クレートタイプ

・プラスチック製で、長時間の移動に向いている(車、電車など)

・室内のハウスとしても使用することも可能

・頑丈で安全性も高いが、重いのが難点


バッグタイプ

・布製のバッグタイプ。短時間での移動向き(徒歩、電車など)

・軽くてデザインも豊富。両手が空くスリングタイプも最近人気

・小型犬のみ

・布製のため頑丈ではなく柔らかい素材


犬のキャリーバッグの選び方


小さすぎてもダメ、大きすぎてもダメ

まず、愛犬の体に対して大きすぎないものを選びましょう。
ドッグキャリーの中で伏せができる高さと広さがベストです。
ただし、愛犬の寝相をよく観察して、どれくらいの大きさが必要かを検討してください。
特にクレートを選ぶ際によく間違われるのが、犬に対してやたらと広くてゆとりのある大きさのバッグを選ぶ方がいます。
正しくは犬が中で転がらないくらいの狭さのものでないとダメです。
犬はもともと防衛本能から狭い場所、人間からすると少し窮屈で狭くて暗い場所を好みます
この中で向きを変えられるのだろうか、というくらい狭いクレートが実は最適なのです。
そのぐらいだと犬は安心しますし、車や運搬時に振られても体が安定していますから。尚、ファブリック製の犬のキャリーバッグはお出かけ用のファッションとしての要素が大きいので飼い主の好みのものを選びましょう。しかしながら、犬に対してあまりに大きなバッグは犬も落ち着きません
ので大きさはよく確認しましょう。

バッグの中が見えたほうがいいのか、見えない方がいいのか

犬から見て、バッグの中に入った時に外の様子が見えないと不安になるワンちゃんもいますので、メッシュの窓付きの物がお勧めです。飼い主もバッグの中の犬の様子も確認できますしね。


子犬の頃からバッグに慣れさせよう


さて、愛犬のためにキャリーバッグを購入したら早めにキャリーバッグに慣れさせましょう。
成犬になってからいきなりドッグキャリーに入れと言っても、犬は混乱して怖がって入らない場合が多いです。
無理矢理入れようとせず、おやつで誘ったり、バッグに入ったらご褒美をあげたりすることによって「キャリーバッグに入ればいいことがある!」と認識させていくことで少しずつ慣れさせていきましょう。


マナーを守ろう!


電車やバスなどの公共機関を愛犬と一緒に利用する際には、作りのしっかりしたキャリーバッグを選んだほうが良いでしょう。バッグが不安定だったり、素材が柔らかいと何かの拍子でぶつけたりでもしたらワンちゃんも痛いですし、怪我したら大変ですから。

愛犬と一緒に外出する時、特に公共交通機関を利用する時は
周囲の方の迷惑にならないようにマナーも携帯しましょう

たまに電車に乗っていると、バッグから犬が顔を出している場面に出くわすことがありますが、これはハッキリ言ってマナー違反です。
飼い主さんにしてみれば愛くるしくて家族同然の存在であるペットでも、動物が苦手な人もいます。
電車やバスなどの公共機関では様々な価値観を持った人がいますので、キャーリーバッグの中に入れておきましょう。愛犬が吠えないようにするのも飼い主のマナーの一つです。
もし、乗車中に犬が移動によるストレスなどが原因で鳴き始めたり、吠え始めたりしたら速やかに愛犬を落ち着かせるように対処しましょう。
乗客の少ない場所へ移動したりして、愛犬の要求を理解することが大事です。
また、場合によっては電車やバスなどの乗り物から降りて、休憩を入れてあげることも重要です。
公共交通機関はあくまで人の移動手段ですから、ペットを連れて乗車させることに対して否定的な人もいます。犬が吠えても飼い主が何も対処しなかったらますます犬連れでの乗車に理解を示してくれなくなります。
飼い主さんのきちんとしたマナー態度がいつも試されている、と心得て利用しましょう。
少しでも犬嫌いの人をなくせたら嬉しいですよね。



ページトップへ