カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お客様の声 サイトマップ
RSS
犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label 犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label 

お出かけに必須!犬用キャリーバッグの選び方とマナー


お出かけに必須!犬用キャリーバッグの選び方とマナー


愛犬とのお出かけに欠かせない、キャリーバッグ


動物病院に行く時や、電車での移動を伴うお出かけ、旅行の時などに欠かせないアイテム、キャリーバッグ。
お店やネットを見れば実にいろいろなキャリーバッグが販売されてますね。しかし、たくさんある犬のキャリーバッグから愛犬に合うものを見つけるにはどういった点に気をつけて選んだら良いのでしょうか。


キャリーバッグにも種類がある


犬を移動するのに使用するバッグにも種類があり、大きく2つに分けられます。


クレートタイプ

・プラスチック製で、長時間の移動に向いている(車、電車など)

・室内のハウスとしても使用することも可能

・頑丈で安全性も高いが、重いのが難点


バッグタイプ

・布製のバッグタイプ。短時間での移動向き(徒歩、電車など)

・軽くてデザインも豊富。両手が空くスリングタイプも最近人気

・小型犬のみ

・布製のため頑丈ではなく柔らかい素材


犬のキャリーバッグの選び方


小さすぎてもダメ、大きすぎてもダメ

まず、愛犬の体に対して大きすぎないものを選びましょう。
ドッグキャリーの中で伏せができる高さと広さがベストです。
ただし、愛犬の寝相をよく観察して、どれくらいの大きさが必要かを検討してください。
特にクレートを選ぶ際によく間違われるのが、犬に対してやたらと広くてゆとりのある大きさのバッグを選ぶ方がいます。
正しくは犬が中で転がらないくらいの狭さのものでないとダメです。
犬はもともと防衛本能から狭い場所、人間からすると少し窮屈で狭くて暗い場所を好みます
この中で向きを変えられるのだろうか、というくらい狭いクレートが実は最適なのです。
そのぐらいだと犬は安心しますし、車や運搬時に振られても体が安定していますから。尚、ファブリック製の犬のキャリーバッグはお出かけ用のファッションとしての要素が大きいので飼い主の好みのものを選びましょう。しかしながら、犬に対してあまりに大きなバッグは犬も落ち着きません
ので大きさはよく確認しましょう。

バッグの中が見えたほうがいいのか、見えない方がいいのか

犬から見て、バッグの中に入った時に外の様子が見えないと不安になるワンちゃんもいますので、メッシュの窓付きの物がお勧めです。飼い主もバッグの中の犬の様子も確認できますしね。


子犬の頃からバッグに慣れさせよう


さて、愛犬のためにキャリーバッグを購入したら早めにキャリーバッグに慣れさせましょう。
成犬になってからいきなりドッグキャリーに入れと言っても、犬は混乱して怖がって入らない場合が多いです。
無理矢理入れようとせず、おやつで誘ったり、バッグに入ったらご褒美をあげたりすることによって「キャリーバッグに入ればいいことがある!」と認識させていくことで少しずつ慣れさせていきましょう。


マナーを守ろう!


電車やバスなどの公共機関を愛犬と一緒に利用する際には、作りのしっかりしたキャリーバッグを選んだほうが良いでしょう。バッグが不安定だったり、素材が柔らかいと何かの拍子でぶつけたりでもしたらワンちゃんも痛いですし、怪我したら大変ですから。

愛犬と一緒に外出する時、特に公共交通機関を利用する時は
周囲の方の迷惑にならないようにマナーも携帯しましょう

たまに電車に乗っていると、バッグから犬が顔を出している場面に出くわすことがありますが、これはハッキリ言ってマナー違反です。
飼い主さんにしてみれば愛くるしくて家族同然の存在であるペットでも、動物が苦手な人もいます。
電車やバスなどの公共機関では様々な価値観を持った人がいますので、キャーリーバッグの中に入れておきましょう。愛犬が吠えないようにするのも飼い主のマナーの一つです。
もし、乗車中に犬が移動によるストレスなどが原因で鳴き始めたり、吠え始めたりしたら速やかに愛犬を落ち着かせるように対処しましょう。
乗客の少ない場所へ移動したりして、愛犬の要求を理解することが大事です。
また、場合によっては電車やバスなどの乗り物から降りて、休憩を入れてあげることも重要です。
公共交通機関はあくまで人の移動手段ですから、ペットを連れて乗車させることに対して否定的な人もいます。犬が吠えても飼い主が何も対処しなかったらますます犬連れでの乗車に理解を示してくれなくなります。
飼い主さんのきちんとしたマナー態度がいつも試されている、と心得て利用しましょう。
少しでも犬嫌いの人をなくせたら嬉しいですよね。



キャリーバッグでワンちゃんと遠出しよう♪電車でのルールとマナー


2013年4月 ある鉄道に貼りだされた1枚のポスター。
そのポスターの内容が、愛犬オーナー様の間で話題となりました。
それは、犬同伴での電車乗車時のペットカートやスリング等のバッグ類の持ち込み規制について。

犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label

何が良くて何がダメなのか??
愛犬オーナー様の間で様々な噂や憶測が飛びかいました。

現在ではご存じの
愛犬オーナー様も少なくはないと思いますが、SWEETAというサイトが「愛犬と電車利用時の乗車規制について 全国版」という記事の中で、独自の調査で規制内容を詳しくまとめています。

犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label

JRでのスリング、カート、キャリーバッグの使用についてはいろいろなところで伝えられていますが概要はこうです。

スリング・・・禁止

カート・・・折り畳んで荷台が規定のサイズを満たせばOKです。
(有名ブランドのカートのほとんどがJR規定のサイズをオーバーしている可能性があります)

キャリーバッグ
・・・一部の形状のものを除いてOKです。
犬の形が分からず、全身が入るキャリーバッグでしたら問題ありません。
全身がすっかり隠れ箱型で固定された形状であるのが大切です。


※当店のキャリーバッグで規定を満たした商品です※
犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label 犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label デニムキャリーバッグ【イエロー】ハードロックテイスト 犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label


2013年4月からペット持ち込みに関して、厳しい規制に変更されたと思っている方が多いようですが、JRを含め多くの鉄道会社のルール自体の変更はありません。
つまりカートもスリングも以前から規約上は禁止だったのです。
そして、JR以外の私鉄でも都内はほぼ同様の規約内容です。
箱状のケース、という指定のある会社もありました。
今回、啓蒙ポスターが作成されましたが、JRの規約上は今も以前も変わらない記載内容でした。

 ・長さ70センチメートル以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が
  90センチメートル程度のケースに入れたもの
 ・ケースと動物を合わせた重さが10キログラム以内のもの


「規則を守れば持ち込める」というのが現実ですが、


電車の中には犬アレルギーの方や、犬に恐怖心がある方、いろいろな人がいます。他の方の迷惑にならないようにマナーを守って大好きなワンちゃんと遠出をしましょう♪
              犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label                                                       

ショップが取り扱うペットブランドのご説明


犬用デニムキャリーバッグ専門店 Puppe Label

当店で取り扱うDOGGY DOLLY(ドギー・ドリー)はアメリカを中心にヨーロッパ・
アジア等 世界70ヶ国以上で展開されている犬を中心としたペットの為のアパレルブランドです。

そのアイテムはお洋服からキャリーバッグ、
ハーネス等と多岐にわたり、その多くにスカルなどがあしらわれたハードなデザインが特徴です

オシャレ度の高いセレブな愛犬家やハリウッド俳優などにも人気の
ハイセンスなブランドです。

日本でも世界でも「セレブブランド」として知名度を上げるDOGGYDOLLY

今、大注目‼︎人気急上昇中です‼︎

犬服の必要性について

現在、日本で飼われているワンちゃんは多種多様で、中にはとても繊細なワンちゃんもいます。
チワワの様な小型犬は特に暑さや寒さに対し非常に弱いのです。

たとえば、夏では暑そうだからと冷房をつけるとベッドに潜り込みますし、冬は冬で暖房をつけても猫の様にコタツの中に逃げ込むことも珍しくないと思います。

散歩道での話をしますと、そもそも地面から近い位置にいるワンちゃんは、真夏では太陽の照り返しを受けますし、真冬では冷たい空気は下に落ちるので我々人間が感じる温度とは大きな差があります。また元々、犬は体温調節が上手ではありません。

夏のアスファルトは60℃〜70℃にもなると言われています。そんな中散歩に行きますと、足の裏を火傷したり、熱中症や脱水症状を引き起こしやすくします。

寒い冬では風邪や下痢の原因になります。

そこで家族同然の愛犬と1日でも長く一緒に生活ができるように、改めて犬服の必要性をお知らせしたいと思います。

お散歩の時に服を着用するメリットとして、室内飼い問わず、全部のワンちゃんに以下の事が挙げられます。

・寒さ暑さ対策
・お散歩の時の汚れ防止
・ケガの防止
・草アレルギーなどの防止
・ダニの付着防止

・虫(蚊)除け
・ファッションとして

さらに、お家の中で生活するワンちゃんが服を着るメリットとして以下のメリットが挙げられます。

・抜け毛対策
・カイカイ防止
・お布団に付く毛防止
・夏の冷房対策




最近では紫外線対策放射能の影響もあるので、ペット服を着せたほうがいいとも言われています。

紫外線を浴びすぎるのは人間にもワンちゃんにも悪影響です。

ワンちゃんは人間ほど大きくはないのですが、全身が毛でおおわれている為に、想像以上に表面積が広いのです。
その為、意外に紫外線の影響が大きいと言われています。

更に、未だに心配な放射能に関して言えば、地表に近いほど濃度が高いので、ワンちゃんに悪影響がないか心配です。

また、子犬老犬は自分でうまく体温調節ができないので夏の暑さと、冬の寒さの対策が不可欠です。

ワンちゃんにお洋服を着せる事に関心がなかった飼主様も一度、お洋服の必要性について考えて頂きたいと思います。

全てのワンちゃんにPuppe Labelのお洋服がお役にたてれば幸いです。                                                  

ページトップへ